物件オーナー様へ

CRES不動産 >物件オーナー様へ > 任意後見契約の活用

任意後見契約の活用


株式会社クレスでは、任意後見に関するご相談をお受けし、ご本人の意思を尊重した任意後見業務を行うことともに、必要に応じていくつかの契約もご提案させていただきます。

認知症になったらどうしょう?万一入院して意識がなくなったら入院費の支払いは誰にたのめば?自分が亡くなった後のことはどうなるの?そんな将来の不安に備える制度が任意後見制度です。一人で悩む前にどんなことでも相談ください。


ご契約の前に
担当者がご本人の希望や将来の不安をお聞きし、ご要望に添った契約書を作成します。
ご要望により財産管理死後事務に関する契約書や遺言書作成も行います。
矢印
任意後見契約の締結(見守り契約の締結)

見守り業務を開始し、担当者から定期的な電話連絡や訪問を行い、ご本人の状況を把握します。

ご本人の判断能力が哀えた場合には、担当者より家庭裁判所に任意後見監督人選任を求める申立を行い、任意後見業務が開始します。

矢印
矢印
財産管理業務開始
ご本人の判断能力の哀えはないけれど、身体の哀えなどから財産管理業務を希望される場合は、あらかじめ財産管理契約を締結します。この場合弊社は、担当者が作成した契約内容を事前に確認し、締結には立会人として関与し、事務遂行に関しても指導監督します。
矢印
矢印
任意後見業務開始

任意後見契約基づき、財産をお預かりして、ご本人の意思を尊重した任意後見業務を行います。

家庭裁判所が選任した任意後見監督人は後見人が適切な業務を行っているかを監督します。

矢印
契約終了に伴う事務
相続人等に対して管理業務について報告し、ご本人の財産を引き渡します。
ご本人の死亡により任意後見契約は終了します。
矢印
亡くなられた後の事務
死後事務の契約がある場合は、親家等への連絡、葬儀や供養、家財道具の処分などの事務を行います。

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい!!
お電話のでお問い合わせはこちら
0796-29-2453
メールでのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム
株式会社クレス カレオ店 兵庫県豊岡市若松町6番35号