不動産ブログ
CRES不動産 > 不動産ブログ > (田舎の)駅中カフェ

(田舎の)駅中カフェ

2019年3月26日 / 豊岡『街情報』

駅中カフェ、と言われると、田舎者のワタクシなどは、
都会の意識高そうなサラリーマンが、呪文みたいな名前のコーヒー頼んで、タブレットとか持ち込んで仕事しちゃうオシャレカフェを想像しちゃうワケですが。
当地方のローカル線の、小さな小さな駅にも駅中カフェが出来ておりました!
05

走っているのは、電車じゃなくて汽車。
しかも、1時間に1本あるかないか。
関西圏ですがICOKAは使えない・・・どころか、未だに紙の切符を使っています。自動改札じゃないからね。

駅舎は瓦葺の和風建築。

06
その一角に、味のあるカフェがございます。
いつ行っても誰もいないなぁと思ってたら、土日祝日しか開いていないそうです(・・;)
地元・久美浜の季節の特産品を使ったスムージーなどがいただけます。
今の季節は、梨と生姜のスムージーがいただけるんですが、ホットスムージーもあって、生姜効果でポカポカしました(*´ω`*)

04
コーヒーも飲めるんですが、自分でコーヒーを挽けるみたいですよ。
コーヒーの挽き方には一家言ある方にも、ちょっと体験してみたい方にもオススメですね。

窓からは駅のホームを眺めることができます。
・・・が、眺めていても、なかなか汽車は来ません。
見れたらラッキー!ぐらいの気持ちで、田舎の駅中カフェを楽しみに来て下さい♪
果物の産地なので、特に夏はおいしいスムージーが飲めると思います!!

03

 

(ちなみに私はこの日、運よく3本も汽車をみました(^皿^)ガッツでした~)

コメントを残す

アーカイブ